サミットエナジーカスタマーセンター

0120-504-124

受付時間

24時間365日※

※平日9:00〜18:00 オペレーター対応
(上記以外の時間帯は折返し対応となります。)

ふるさと納税の始め方を初心者向けにご紹介。おすすめの返礼品は再エネ電気

2022年05月02日

カテゴリ : 役立ち情報

役立ち情報

故郷や好きな自治体を応援できる「ふるさと納税」は年々利用者を増やしており、注目が集まっています。 ふるさと納税 […]

故郷や好きな自治体を応援できる「ふるさと納税」は年々利用者を増やしており、注目が集まっています。
ふるさと納税は豪華な返礼品が話題になることもありますが、昨今「再エネ電気」も返礼品に加わったことをご存じでしょうか。
今回はふるさと納税のメリットや再エネ電気を返礼品として受け取る方法をご紹介します。

ふるさと納税とは何か?

総務省のふるさと納税ポータルサイトでは、ふるさと納税は都道府県や市区町村への「寄付」という位置付けだと明記されています。
通常の寄付とは異なり、各ふるさと納税のうち2,000円分を超える部分については、所得税と住民税から全額控除される仕組みになっています。

■ふるさと納税の控除の仕組み
控除される項目
1.住民税の控除額(特例分):住民税所得額の2割が限度
2.住民税の控除額(基本分):(ふるさと納税の納税額-2,000円)×住民税率(10%)
3.所得税の控除額:(ふるさと納税額-2,000円)×所得税率

控除されない項目
適用下限額:2,000円

全額控除される寄付金の金額は、各世帯の収入や扶養の状況によって違いがあります。
また独身・夫婦のほか、共働き+子ども1人(高校生)や共働き+子ども1人(大学生)といった家族構成も細かく区分されています。

出典:総務省「ふるさと納税ポータルサイト」

ふるさと納税の意義

なぜ、ふるさと納税を検討する人が増えているのでしょうか。ふるさと納税には3つの大きな意義があります。

1. 納税者が寄附先を選択する制度であり、選択するからこそ、その使われ方を考えるきっかけとなる制度です。税に対する意識が高まり、納税の大切さを自分ごととしてとらえる貴重な機会になります。

2. 生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域に、これから応援したい地域へも力になれる制度です。人を育て、自然を守る、地方の環境を育む支援になります。

3. 自治体が国民に取り組みをアピールすることでふるさと納税を呼びかけ、自治体間の競争が進みます。選んでもらうに相応しい、地域のあり方をあらためて考えるきっかけへとつながります。

これらの意義に賛同した方が寄付をすることによって、以下のふるさと納税のメリットが得られます。

返礼品
肉や海産物、米といった食材からスイーツ、酒などの飲食物を中心に、民芸品、旅館やホテルの宿泊券などさまざまな地元産の返礼品が用意されています。

税額の控除
ふるさと納税することですでに納めた所得税と翌年度に納める住民税から、ふるさと納税の合計金額-2,000円が控除されます。

ポイント
ふるさと納税のポータルサイトのなかには、返礼品に加えてポイントを付与している事業者も存在します。

出典:総務省「ふるさと納税の理念」

出典:総務省「ふるさと納税の概要」

ふるさと納税のやり方・必要な手続き

ふるさと納税には基本的に「確定申告」が必要です。確定申告の経験が少ない方には、スムーズにふるさと納税できる「ワンストップ特例制度」も提供されています。
以下で確定申告による、一般的なふるさと納税の手続きと、ワンストップ特例制度を用いた際の手続きの流れをご紹介します。

■ふるさと納税の一般的な手続き

  1. 1.応援する自治体を選ぶ
  2. 2.ふるさと納税を行う
    ふるさと納税の申し込みや納付方法は各自治体で異なるのでホームページで確認しましょう。民間のサービスも活用し、応援したい自治体に納付できるかチェックすることをおすすめします。
  3. 3.確定申告する
    ふるさと納税を行った翌年の3月15日までに確定申告を行います。確定申告は、オンラインもしくは現在住んでいる場所の所轄の税務署に申告します。
  4. 4.所得税の控除を受ける
    確定申告後、まずはふるさと納税を行った年の所得税の控除を受けられます。すでに所得税を支払っている場合、収入や他の控除を加味した分を還付されることもあります。
  5. 5.住民税の控除
    住民税は所得税とは異なり、翌年分から控除されます。

■ワンストップ特例制度の手続き

  1. 1.応援する自治体を選ぶ
  2. 2.ワンストップ特例制度を申請する
  3. 3.住民税の控除

ワンストップ特例制度を使う場合、確定申告の不要な給与所得者であることと、ふるさと納税を行う自治体の総数が5団体以下であることが条件です。

出典:総務省「ふるさと納税のしくみ」

返礼品に地元産の再エネ電気が追加

再エネ電気

2021年6月より、一定の要件を満たした地元産再エネ電気をふるさと納税の返礼品とすることが許容されました。

太陽光、風力、バイオマス発電といった再生可能エネルギーのうち、「地域資源を活用し、区域内で発電した電力であること」などの条件を満たした電気が返礼品の対象になっています。

再エネ電気の返礼品を受ける意義やメリット

ふるさと納税で再エネ電気を申し込むことで、どのようなメリットを得られるのでしょうか。以下でご紹介します。

意義:再エネ電力メニューを利用することによる環境貢献

2021年4月、日本は2030年度における温室効果ガスの削減目標を、2013年度と比較して46%削減とし、50%削減を目指して挑戦を続けると表明しました。
さらに2021年6月には、国・地方脱炭素実現会議にて「地域脱炭素ロードマップ」が決定されました。
再生可能エネルギーの電力メニューを利用することは日本の温室効果ガス削減目標達成に貢献しSDGsを推進する意義のある行動といえるでしょう。

メリット1:ふるさと納税制度による自治体応援

ふるさと納税は使い道が明記されており、多くは街づくりや子育てといった自治体の活性化に活用されます。
ふるさと納税によって、故郷や好きな自治体を応援できる意義はとても深いと考えられます。

メリット2:返礼品として受け取れる電力による費用削減

所得税・住民税の控除とともに、生活する上で必要となる電気を返礼品として受け取ることが可能です。
食材や民芸品と違って目に見えるものではないものの、家計の節約につながる再エネ電気は魅力的な返礼品といえるでしょう。

ふるさと納税で再エネ電気を受け取るには?

ふるさと納税で再エネ電気を受け取る場合、自治体が指定する再エネ電気を取り扱う電力会社と契約する必要があることも覚えておきましょう。

■ふるさと納税で再エネ電気を受け取る手順(例)

  1. 1.再エネ電気の返礼品がある自治体に寄付する
  2. 2.自治体から「寄附金受領証明書(寄附者番号)」を受け取る
  3. 3.自治体指定の電力会社と契約する
  4. 4.自治体指定の電力会社と対象プランの寄附者番号を共有する
  5. 5.契約先の電力会社より、毎月の電気代から返礼分を控除した請求を受ける
  6. 6.請求内容に応じて支払う

一般的には、返礼相当額に達するまで毎月の請求から差し引かれます。また、再エネ電気の供給は即日ではなく数週間~1カ月半ほどかかることも覚えておきましょう。

具体例として、サミットエナジー株式会社が提供している山形県酒田市のふるさと納税返礼用の電力プランの返礼例をご紹介します。
以下の表は、「寄付金額10万円(酒田産電気3万円相当を返礼)」の場合を表しています。

■10万円コースを1月から契約する場合(単位:円)

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
電気代 8,000 8,000 8,000 8,000 8,000 8,000 8,000 8,000 8,000 8,000
返礼 -3,000 -3,000 -3,000 -3,000 -3,000 -3,000 -3,000 -3,000 -3,000 -3,000
控除後電気代 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000
返礼残額 27,000 24,000 21,000 18,000 15,000 12,000 9,000 6,000 3,000 0

ふるさと納税で再エネ電気をお得に契約

自治体を応援しつつ地域の魅力的な返礼品を受け取れるふるさと納税は、多くの人にとって魅力的な寄付制度といえるでしょう。
確定申告やワンストップ特例制度を活用するため、ハードルは少し高いかもしれませんが、毎年ふるさと納税を行う方も少なくありません。

サミットエナジーでは再生可能エネルギーを利用した電力プランである、「再エネECOプランby酒田」「nanaco再エネECOプランby酒田」の2プランが酒田市のふるさと納税の返礼品対象になっています。(※)

本プランは旧一般電気事業者の経過措置メニュー(電力切り替えを行ったことがない方の大多数が加入されているメニュー)と比較して電気代がお安くなります。
また、「nanaco再エネECOプランby酒田」では、上記のメリットに加え、支払った電気料金に応じてnanacoポイントがたまります。

具体的にどれだけお得になるのかが知りたい方は以下の「電気料金シミュレーション」から、現在の電気料金との比較ができます。
ふるさと納税で地域や地球環境に貢献したいご家庭など、興味のある方はぜひ一度試してはいかがでしょうか。ふるさと納税対象プランは、東京電力パワーグリッド管内、東北電力ネットワーク管内限定となります。

※ふるさと納税返礼の詳細は以下酒田市ふるさと納税サイトをご確認ください

対象プランの詳細はこちらから

この記事はサミットエナジー株式会社の責任によって作成されております。転載をする場合には、必ず引用元として当サイトのURLを明記したうえでご利用下さい。

ページトップへ