環境ソリューションTOP > 半田バイオマス発電所

半田
バイオマス発電所

環境ソリューションTOP > 半田バイオマス発電所

どんな発電所?

バイオマス発電量(出力╳バイオマス比率)で国内最大級のバイオマス発電所です。
発電燃料の一部に、愛知県をはじめ岐阜県、長野県の未利用材も使用しています。
サミットエナジー100%出資の「サミット半田パワー株式会社」にて運営している発電所です。

施設紹介

所在地

愛知県半田市

運転開始

2017年6月

定格出力

75MW

年間発電量

6億kWh

燃料

木質チップ、PKS、
石炭

バイオマス比率

96%

環境価値

FIT非化石証書

取り扱いメニュー

サミットエナジーでは、半田バイオマス発電所で生まれる電気や
環境価値を活用した電力メニューを販売しております。

私たちが電気をつくっています

半田バイオマス発電所

サミット半田パワー株式会社が運営する半田バイオマス発電所は、住友商事グループの新電力事業者であるサミットエナジー株式会社が保有する自社電源の一つです。
最大発電能力75,000kWを有する国内最大級のバイオマス発電所で、発電燃料の木質チップには、愛知県をはじめ岐阜県、長野県の未利用材も使用しています。
発電所の安定した運転操業はもちろんのこと、地域社会に根差した企業であり続けるため、地域で開催される清掃活動や半田市が主催する新任教員への「半田を知る会」の受入などの取り組みも行っております。
SHPism「価値はそこに在るものでなく自ら創るもの!」をモットーに、暮らしに欠かせないエネルギーを、安全を最優先に安定してお届けし、環境に配慮した取り組みを行い、地域社会の持続可能な発展に貢献します。

中央操作室中央操作室
「半田を知る会」見学風景「半田を知る会」見学風景
運転員作業の様子運転員作業の様子
チップヤードチップヤード
ページトップへ